よくあるご質問

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 雨水浸透の歴史について教えてください

雨水浸透の歴史について教えてください

answer

<雨水浸透の歴史>

我が国で雨水浸透施設を最初に設置したのは住宅・都市整備公団で、昭和45年からの東京都立川市周辺での井戸法によるものと言われています。その後昭和53年には、建設省土木研究所において調査研究がすすめられていた、地下水涵養技術の一つである地下埋設法を雨水浸透技術に応用できないかと研究が始められました。雨水浸透の目的も時代とともに、変わってきております。当初は植生からの配慮から、地表付近の雨水浸透を確保しようとする試みでありました。東京でも「品川方式」と呼ばれる、街路樹の周辺部分の舗装をやめる方法によって土壌水分を確保しようとしました。

その後、急激な都市化によって、森林帯や原野、さらには農用地の減少、又舗装面の増加により、雨水の地下浸透が減少し、表面流出量が増大するようになりました。この結果、各地の都市河川において洪水被害が数多く発生し、深刻な社会問題となってまいりました。

この解決方法としては河川改修が基本でありますが、用地の確保が難しく、改修計画が進展していないのが現状であります。

このために、雨水浸透技術を洪水防水対策の一つとして採用する試みが始まり、昭和55年には住宅・都市整備公団の昭島つつじが丘ハイツで採用されております。

その後、各地で雨水浸透技術が研究開発され、工法的には飛躍的に進歩しました。

カタログ請求はこちらから

ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)