よくあるご質問

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 浸透トレンチの施工上の注意点について教えてください

浸透トレンチの施工上の注意点について教えてください

answer

 

 

 

浸透トレンチは、構造上以下の点に留意して施工してください。

(1)浸透トレンチ内には、接続された桝あるいは浸透桝からの流入水を均一に分散させるため、敷設された充填材内に浸透ポラコンパイプを布設する。

(2)充填材の周囲には、透水シ-トを敷き埋め戻す。

(3)地表水を浸透トレンチへ導入する場合はトレンチ入口目づまり防止装置等をつけ浮遊物質を除去する。

 

浸透トレンチの材料については以下の点に留意してください。

1.敷砂

浸透底面には、踏み固めによる浸透能力の低下を防ぐため、クッション材として、また、目詰まり防止のフィルタ-層としてを敷く。ただし、浸透対象地盤が砂レキの場合には、敷砂は行わない。

2.充填材

浸透トレンチは浸透面の保護と材料の持つ空隙による貯留量をできるだけ多く確保するため、空隙率の高い充填材を使用する必要がある。

3.透水シ-ト

浸透トレンチの充填材部には、遮断砂や地山の土砂が流入することが考えられ、これによる目詰まり防止や路盤の陥没を防ぐため、必要に応じて浸透トレンチの外側を、透水シ-トでくるむように敷設する。

4.浸透管

材料の選定には経済性、施工性、強度、耐久性、浸透能力、目づまり等を考慮して行う。

カタログ請求はこちらから

ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)