よくあるご質問

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 地下水位の把握について

地下水位の把握について

answer

地下水位が高い場合は、浸透能力に大きな影響を及ぼすので、必要に応じて地下水位を把握します。関東ロ-ム台地は宙水の良く発達していることが知られていますが、この地域の宙水は関東ロ-ム層中の粘土化した層で支えられていることが多いためです。一般的にも、関東ロ-ム下層部は透水性が小さいので、強制的な雨水の注入によって宙水帯が生じ、一時的な地下水面になる可能性は十分にあります。
この一時的な地下水面は浸透能力に影響を与えるので、宙水の位置を把握する必要があります。この宙水位置は、降雨後、台地の露頭等を観察し、水がしみだしている層を観察することによって、概略の把握が可能ですが、現地浸透試験の際、オ-ガ-孔を使って宙水の有無を調べるのが最適です。

カタログ請求はこちらから

ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)