よくあるご質問

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 浸透施設を設置してはいけない場所を教えてください

浸透施設を設置してはいけない場所を教えてください

answer

浸透施設を設置してはいけない場所を以下にあげます。

 

浸透施設は雨水の浸透を助長する行為等が法律により制限されている区域(地すべりや崖崩れの恐れのある場所)に設置してはいけません。

○ 急傾斜地崩壊危険区域(急傾斜の崩壊による災害防止に関する法律

○ 地すべり区域(地すべり等防止法

 

下記のような地形に浸透施設を設置する場合には、安全性および浸透施設としての有効性について十分に検討する必要があります。

○ 擁壁、法面付近で、浸透水の影響によって法面等の安全性が損なわれる恐れがある場所。

○ 隣接宅地の地盤が低く、浸透水による影響を及ぼす恐れのある場所。

○ 工場跡地や埋立地等で、土壌が汚染されていると予想される場合は、汚染物質、及びその分布や度合を明確にするため土壌の調査を行う。その結果、浸透水によって、土壌の汚染が拡散されたり、地下水質への汚染が予想される場合には、浸透施設の設置を避ける。

○ 擁壁、法面等の安全性を損なうことがないよう設置位置等、検討しなければならない。特に重要構造物については相当程度の離れが必要である。また長法面付近に設置してはならない。

○ 建築物に対する安全性の配慮をすると共に、浸透機能を有効に引き出す為に、建築物との適切な離れが必要である。

カタログ請求はこちらから

ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)