よくあるご質問

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 浸透施設(トレンチ・側溝)の勾配について

浸透施設(トレンチ・側溝)の勾配について

answer

一般的に、浸透施設は勾配を付けずに(レベルで)施工します。これは、下水道が素早い排水を使命としてることに対して、流出抑制施設の役割は排出時間を延ばしたり、食い止めたりするものだからです。施工性を考えない場合は、流下方向と逆に勾配をとって施工することもあります。

傾斜地に浸透トレンチを設置する場合は、掘削底面はレベルとします。

管勾配もレベルが基本です、流入水が流下しないように桝の部分で下流との縁を切るように施工します。桝の上下流側の管口には段差が付きます(下流側が深くなります)。2連桝を使用することもあります。

浸透管を地表面勾配通りに施工してしまうと、流出抑制効果が得られないばかりか、流下水が下流で吹き出したりします。

桝の部分で縁切りをする場合は、桝周囲に砕石は使用しません。

 

浸透側溝の場合も、掘削底面はレベルとします。設計能力を損ねない貯留水位が得られる長さに階段状に段差を付けて掘削します。段差ごとに堰を設け、下流側との縁を切ります。砕石内にもかなりの空隙があるためにコンクリート等で完全に縁を切る必要があります。側溝では、砕石が底版部でむき出しになることもあるので、地表面勾配で施工してしまうと、下流側に砕石が吹き出し路面が陥没したりする恐れがあるために注意が必要です。

sekourei.gif

カタログ請求はこちらから

ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)