製品紹介

  1. ホーム
  2. 製品紹介
  3. 軽量高欄とは

軽量高欄とは

rail_images01.png
<軽量高欄とは>

弊社の軽量高欄とは主に鉄道の高架部分に使用される高欄(遮音壁)で、薄肉パネルにリブを配置し補強した構造を有しています。
鉄道高架の床板あるいは地覆に埋めこまれたUボルト(U型のアンカーボルト)により取り付けられます。 
現場打ち高欄と比べ軽量であり、乾式工法であるため急速施工が可能となります。 
また、周辺環境との調和を考慮したカラーリング、形状デザインが可能ですので、景観性にも優れています。 
 
 ※軽量高欄は(財)鉄道総合技術研究所との共同開発製品です。


<軽量高欄の特徴>

■軽い
 薄肉構造であるため現場打ち高欄と比較し軽量です。
■静か
 残響室試験の結果では、必要な遮音効果あることが確認されています。
■錆びない
 モルタルに高強度のビニロン短繊維を補強材として用い、基礎部とリブ部にはステンレス筋を配置。鉄筋を用いていないので錆びません
■簡単
 新設高架橋では本体施工時にあらかじめUボルトを設置することができ、既設高架橋では後施工アンカーなどを利用して取り付けることができます。
 ボルトを使用しての取り付けなので急速施工が可能となります。
■強い
 軽量高欄の設計は、風荷重(1㎡あたり30kNの分布荷重)により定められ、十分安全性が確保されています。
■景観
 様々なデザイン・形状に対応でき、ライン塗装などのカラーリングも可能です。
kouran2.jpg
※形状・サイズにつきましては、お問い合わせください。
 

<軽量高欄の実績>
 
 

カタログ請求はこちらから

製品紹介
製品紹介トップ
ポラコン製品
一般コンクリート製品
PICフォーム
軽量高欄
舗装工事
その他製品
放射能性廃棄物処理容器
カタログダウンロード
ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)