新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 第10回ビジネスフェア from TAMA

第10回ビジネスフェア from TAMA 新着情報

2009/11/06(金)

平成21年11月5日 新宿NSビル地下1階イベントホールにて開催された

第10回ビジネスフェア form TAMA に出展しました。

当日は、大変多くの方にご来場頂き、用意していた資料も全て配布でき、心より御礼申し上げます。

BF-1-300-227.JPG・展示ブース

 左側がポラコン関連

 右側が含浸関連

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BF-bio-300-239.JPG・水辺環境をモデル化した水槽

 左側にバイオポラコンを設置し水質浄化を行い、右側には緑化された環境を再現させました。右側では、メダカも元気に泳いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

BF-rump-ball-300-225.JPG・もっと身近にコンクリートを ~その1~

 季節を意識した盆栽とムードを演出するランプシェードです。

 盆栽の鉢はポラコンで試作し、表面をコケで覆い紅葉のきれいな植物を植えました。鉢がポラコンなので、根腐れの心配がありません。

 ランプシェードは、空隙を通常よりも多くしたポラコンパイプを試作しました。中からの光がポラコンから漏れ、幻想的なシーンを演出します。

 

 

BF-clock1-300-322.JPG・もっと身近にコンクリートを ~その2~

 ポラコンの風合いを活かし、時計盤を試作しました。

 上段の時計は、トウスイポラコン舗装(洗い出し)の技術を応用し、白い石に赤い針が栄えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BF-clock2-300-322.JPG下段の時計は、軽量骨材を用いて試作しました。コンクリートならではの色味と針の白色がシンプルながらアジのある仕上がりとなりました。

 

 今回の展示のなかで、特に好評を頂いたのがポラコン時計でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

BF-pipe-300-219.JPG・ポラコンパイプ

 ポラコンの空隙から煙が出ています。ポラコンの特性をよく表現した展示物であり、水を通す用途が多いポラコンですが、空気もよく通し新しい用途の足がかりとなりそうです。

 

 

 

 

 

BF-PI1-300-225.JPG・含浸 ~その1~

 PIC(ポリマー含浸コンクリート)の含浸技術をいろんなものへ適応し、試作しました。

 

 

 

 

 

 

 

BF-PI2-300-225.JPG・含浸 ~その2~

 木材への含浸は、ご来場された方も興味を持って頂くことが多く、実際に含浸させた割箸を折って頂き、強度の違いを実感されたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

カタログ請求はこちらから

ぜひ会員登録ください!

製品に関するCADデータ、製品カタログデータなどをダウンロードすることができます!

会員登録(無料)